買い物 カードローン

> 買い物でカードローンを利用したい!

買い物でカードローンを利用したい!

利用限度額内で出し入れ自由なカードローンであれば
欲しいものあるけど少し足りない時などに利用できるので
買い物がとても便利になりますが、
カードローンを利用するには審査を通過する必要があります。

カードローンを買い物で利用できるようにするためには、
いくつかのポイントを知っておかなければなりません。
まずは、総量規制の対象になるカードとそうじゃないカードがあるということです。
これはカードを申し込むうえでとても重要な要素になります。

総量規制について

総量規制というのは、年収の3分の1までしか貸し付けては
いけないという法律のことです。
総量規制の対象になっているカードを利用すれば、
融資制限が存在することになりますが、総量規制対象外のカードなら
融資限度額に制限はありません。
融資制限のないところで借りたいと思う人は、
この総量規制について学んでおくとともに、どこの会社が対象であるかないかを
確認する必要があります。

銀行カードローンは総量規制対象外

なお、銀行のカードローンは総量規制の対象外となっているので、
とても人気が高くなっています。

カードローンの審査について

さて、カードを買い物で利用できるようにするためには、
審査に通過する必要があります。審査になるポイントとしては、
本人の年収、勤務先、職種、勤務先の規模、勤続年数などがあります。

また過去の金融履歴も調査対象であり、
自己破産や債務整理の履歴があると審査に不利になります。
過去の金融事故の履歴は個人信用情報センターを通じて明らかにされます。

さらに審査のポイントとしては、家族構成、住居形態、居住年数も関係してきます。
住居形態については、持ち家に住んでいるのか、借家に住んでいるのかがポイントです。
持ち家に住んでる人は不動産所有という点で審査が有利になります。
一方、借家に住んでる人は相対的に不利になるといえます。
居住年数は、長ければ長いほど安定して家賃を支払っていることになりますので、
審査には有利になります。カードを買い物で利用できるようにするためには、
これらの審査をクリアする必要があります。

Main Contents

コラム