ご利用限度額内で出し入れ自由

> ご利用限度額内で出し入れ自由

ご利用限度額内で出し入れ自由

現在のキャッシングのシステムはリボルビング方式が中心になっています。
これは利用限度額内の範囲内で自由に借り入れができるものです。
返済する額も最小返済額以上を振り込むことによって、
利用限度額もその分だけ増え、何度も利用できます。

キャッシングの利用の中心はATMです。
入出金も一種の契約であるため、利用毎に契約を交わす必要もあるのですが、
ATMの利用であればその必要もなく、その際に出される
利用明細書で利用者に返済・借入の情報が分かるようになっています。
この仕組みは金融会社にとっても利便性が高いものです。
ただキャッシング300万借りれるさん( portalaled.com)の様に借入額を300万など
検討している方にとってはATMで300万というのは気が引けるでしょう。
ですからというわけではないですが、振り込みサービスという形のキャシング方法は
多くの業者が対応しています。

新たな契約書などは必要ない

契約書を交わす手間もなく、人件費などのコストを削減でき、事務作業の効率化にもなります。
また、キャッシングを利用する側にとっても顔を合わすことなく、
いつでも自分の都合で借入できることはメリットが大きいものです。
限度額内であれば契約書を新たに交わす手間もなく、自由に利用することができます。

リボルビング方式はこうしたキャッシングを利用する側と
提供する側の双方の利点をつなぐものです。
ただし、ひとつ注意したいのは繰り返し利用する頻度と
他社の件数の増加によっては限度額内のキャッシングの利用ができなくなる点です。

また、リボルビング方式での借り入れは、全体の借入額を把握しにくいという特徴があり、
知らず知らずのうちに、多くの金額を借り入れてしまっていた。というケースや、
特に返済方法が定額リボルビングの場合などには、毎月の返済額が一定であることから、
気がついたら限度額いっぱいまで借り入れてしまっていたというケースも多くみられます。

このような理由から、常にいくら借り入れているか?
利用履歴や明細などを確認しておくように気をつける必要があります。

利用中にも与信される

金融会社は契約当初はもちろん、利用途中でも適正与信を図っています。
もし、返済が一度でも遅れたことがあるのであれば、限度額内はゼロになることがあります。

他社件数の増加も同様で、途上与信で利用の適正化を図っているのも金融会社です。
その点も気をつけながらムリのない範囲でキャッシングを利用すれば、
リボルビング方式は便利なものです。

Main Contents

コラム